Enter a short paragraph of text or Adsense code, or disable the intro text entirely, in the theme options panel.

冷え性の原因

2月 1st, 2016

冷え性の原因となるものはたくさんあります。
主に、運動不足や、食生活の乱れ、ホルモンバランスの影響などです。
運動不足によって筋肉量が少なくなると、老廃物や水分を運ぶ力が弱まります。
そうなると、むくみを引き起こして冷え性になってしまいます。
足が冷えやすいのは、むくみやすいことが原因と言えます。
食生活の乱れも冷え性の原因となります。
偏食であったり、食べる時間がバラバラになると必要な栄養素が足りていない状態になるので、代謝が悪くなり冷え性を引き起こしてしまいます。
女性が特に冷え性になりやすいのは、ホルモンバランスが乱れやすいからとも言われています。
自律神経が乱れ、血管が収縮してしまい、老廃物や水分が滞って冷えてしまうのです。

老廃物の排出にはマヌカハニーもサポートしてくれます。
>>マヌカハニー

老廃物を排出する事で美肌に導いてくれる不思議な蜂蜜です。

料理の奥深さ

1月 18th, 2013

結婚生活は料理が大の苦手なので大変でした。
よく夫に見事に繋がったキュウリの漬け物を箸で持ち上げ、「どうしたらこんなに上手く繋がって切れるものか」と嫌味を言われたものです(笑)
これほど料理も適当な私ですが、最近は少し違います。
近所の奥さんに誘われて、料理教室に通い始めてから、その面白さにハマりました。
ちょっとしたコツで味がコロッと変わるものですね。
新しい料理に挑戦するのが楽しくて仕方がありません。
料理の奥深さを感じる今日この頃です。
特に最近は野菜料理にハマっています。

子育てと仕事

3月 29th, 2012

娘が通っている小学校の教師から「お宅の児童はおかしい」という書簡をもらいました。

確かにこの子は集中力に欠けていて、幼稚園児の時も同じ指摘を受けていました。
しかしこれは私の育児に対する真っ向からの批判。
世代的に「自由に生きる事」を旨にした教育を受けていた中でのこの判定です。
思うに、教師にとっての「いい児童」とはご自分の意志にそった発達をしてくれることが大前提なのでしょう。
「個性を尊ぶ」という言葉が教育現場で使われ始めて何年経つのでしょう?
なのに規格にあわない子供は全て切り捨てるのでしょうか?
親としては、本人の意思を尊重してあげたい。
そこが人生論の分け目なのでしょう。
いいのよ。あなたはそのままで。

女子会のすすめ

3月 13th, 2012

女性だけの職場では美容に関する情報の交換が活発です。
確かに同性だけということで人間関係の難しさはありますが、
化粧やヘアサロンなどの情報の量は、やはり女性だけの職場が圧倒的です。
看護師さんなんかはまさに女子中心の職場。
人間関係を重視する方が多いのだとか。確かに同じ年代の女性の多い職場の方が
自分の年齢にあったファッションや美容の情報が飛び交う事になります。
最近では女性同士で集まり情報交換を行う女子会がブーム。
同性でしか分からない、同性とでしか共有できない情報を交換する場所として活用されています。

小さな予防が美肌を作る

2月 21st, 2012

シミの元である紫外線、出来れば浴びたくないですよね?
気をつけるポイントはいくつかありますので、ご紹介したいと思います。
体の内側からは栄養を補給しておきます。
午前中。ゴミ出しに始まり、掃除や洗濯、買い物まで…主婦の方は一番忙しい時間帯です。
短時間だから大丈夫だと思って、すっぴんのまま太陽の下に出たりしていませんか?
午前中は一日の中で一番紫外線の量が多いです。せめて日焼け止めは塗っておきましょう。
そして午後。お散歩でもしようと服を着替えている、そこのアナタ。
紫外線を浴びる量は洋服の色でも違うというのをご存知ですか?
黒や黄色の服は紫外線をカットしやすいのです。UVカットされた服ならばもっと良いです。
服を選ぶ時は色も考慮してみましょう。
シミ対策は予防が重要です!
小さな所からコツコツとUV対策を始めましょうね。

ホルモンと上手に向き合う

2月 16th, 2012

女性は毎月お付き合いしなければならない生理。
これと肌が密接に関係している事に、皆さんはお気づきですか?
毎月こまめに体をメンテしていればそういった周期と肌が無縁ではないことは分かるはずです。
肌のノリが良い日もあれば、どんなにケアしてもイマイチ悪い時もある…これは生理の周期ととても関係しているのです。
ホルモンバランスが崩れると、肌は素直に『トラブル』として警告を出してくれます。
溜まったストレスはうまく解消していますか?
体は冷え過ぎてはいませんか?
生理前は、特にニキビなどが出来やすい時期になります。
肌の調子が悪くなると、それを解消しようと沢山ケア用品を使いたくなりますが…それはちょっと待った!
ただでさえトラブル中で敏感な肌に、刺激をたくさん与えるのはかえって負担になりますよ。
肌の調子が悪い時は、清潔を保った上で洗顔プラス化粧水のみなどの低刺激ケアを心がけましょう。

目の疲れ

2月 2nd, 2012

目が疲れる原因にはいろいろなものがあります。パソコンやゲーム、テレビの見過ぎ。

勉強のしすぎ。眼鏡が目に合っていない。

寝不足。ドライアイ。その他いろいろ。

しかし現代人はとかく忙しくストレスを感じやすい生活環境にいます。

食生活も偏りがちです。

だからといって、仕事でパソコンを使う場合に「目が疲れるから」という理由で使わないことはできません。

自分のできる範囲で気をつけていくしかないようです。

 

仕事の合間にときどき目を休める。目に必要なビタミンの入った食事をとる。眼鏡が合っているかチェックする。などは基本ですが、目のケアもするとよいかもしれません。目をあたためてくれるマスクなどを利用すると、目の疲れがとれ、ドライアイ予防にもよいでしょう。

また、眼球の上をマッサージするのはよくありません。マッサージするなら目の周りのコリをほぐすようにしてあげるのが大切です。

目に必要なビタミンの入ったサプリメントもよいかもしれません。

いろいろな工夫で、目の疲れをしずめてあげるとよいでしょう。

ムダ毛への意識

2月 1st, 2012

ムダ毛への意識が高いのは特に二十代前半の女性です。
特に薄着をする機会が多いので脱毛の処理にかける情熱も
かなりのものです。年齢を経ていくに従ってだんだんとその情熱が
減じていくのは残念な事です。特に出産を境にムダ毛の処理を怠ける事が増えてくるのだとか。
ただし、彼女たちを一方的にせめることはできません。
彼女たちは、子育てに忙しくムダ毛の処理の時間をとりにくいのが実情なのです。

あなたは車依存症?

1月 28th, 2012

すぐそこのポストまで葉書を出すのに、歩けばいいものをつい車で行ってしまうことありませんか。
現代は車社会。いや車依存症と言った方がいいかもしれませんね。

多くの人は、何処へ行くにも車に乗って行くんですね。
東京などの都会の方は家から駅まで歩くだけいいほうです。
地方だと、玄関から玄関まで車で行くわけですから、一日百歩も歩いていない方もいるかもしれません。
歩かない分、人は不健康になってきているように思います。
歩く行為は、人間の本来の姿なんですから、面倒くさがらずに歩けるところは歩きましょう。
そんなところから、「健康の為にウォーキングしましょう。」と提唱されるのはもっともなことですね。
車を動かしているのは人間です。
いつまでも運転できる健康な人である為に、今日から少し歩いてみませんか?

いつまでも美しく

1月 28th, 2012

自分への投資、していますか?
同じ年齢なのにどうしてこんなに若々しいんだろう、
どうしてこんなに綺麗なんだろう、
なんていう女性がいます。
そういった輝いている女性と、なんとなくくすんで見える女性の違い。
それは、自身に対するケアをどれくらいしているかの違いです。
自分への投資。それはお金の事ではありません。
タイムイズマネー。時間をたっぷりかけてあげる事がキレイの秘密なんです。

Powered by WordPress

Blossom Theme by RoseCityGardens.com